さまざまなデザイン


    新築の一軒家
  • 住宅を建築している企業によって現場の管理体制も大きく異なります。管理は建築会社で行う所や施工管理をまるっと他社に委託している会社など会社によって異なります。
    住宅を建築する際のトラブルとして金銭にかかわるものの他に現場の施工に関するトラブルも多いのです。具体的に現場に関するトラブルというのは図面と現場の仕上がりが異なる場合です。
    これには主に二つ原因が考えられます。一つ目に現場で施工している職人や指示した人が図面を勘違いしたり解釈を誤った場合です。
    二つ目は図面が現場では施工出来ないものであった場合です。経験の浅い建築士や知識の少ない人が現場を管理している際に起こるのが二つ目の原因です。
    その最たる例がコンセントプレートの位置です。図面では空間になっている所にスイッチを敗戦したのですが実際には空間がなく施工が出来ないというものです。
    これは図面を設計する段階で築かなければならないのですが経験が浅い人や現場の材料に関する知識のない人が担当した場合事前に防ぐことが出来ないこともあるのです。こういったトラブルを防ぐためにも経験豊富な人に依頼することです。

    特に注文住宅を建築する場合には現場監督と工事監理者がいます。
    呼び方は違ったり他の業務を兼務している場合もあります。
    現場監督というと現場で職人にああして、こうしてといったような指示を出している人をイメージする人も多いのではないでしょうか。
    もちろんそういった業務も行いますが実際に住宅の建築現場では現場監督が現場にいることは少なく発注や工程管理などがメインという会社もあるのです。
    さらに現場監督には経験が浅く若い人も少なくありません。
    若い人が全員ダメというわけではありませんが知識や経験がないことで職人からなめられて指示が出せないケースもあるのです。
    工事監理者とは現場が設計図通りに施工されているかをチェックし管理する人のことです。
    しかし実際には工事監理者が現場にほとんど来ないという会社も多いのです。
    せっかく良い設計図を完成させてもそれ通りに建築してもらえなければ意味がありません。
    ですから事前に現場見学会など建築現場にも足を運び建築時の状況を把握することも大事です。